Top > ニュース > ポジショニングが重要

ポジショニングが重要

現実にコンピュータの画面の前に座って絶えず上下動している為替レートを眺めていると、すぐにエントリーをしなくてはいけないという感情が沸き起こる人も少なくないだろう。

 

しかしながら、不確かな感覚で売り買いをするのは、決してしてはいけません。

 

知っての通り、外国為替市場は終日常時どこかの市場が関いているし為替相場も休みなく動いています。

 

しかし、取引を繰り返しているとその回数分だけ損をする危険性が高まってしまう。

 

言うまでもなく、取引の数を積む事で結果的に勝利する確率が50%、50%になります。

 

けれどもこれは「はっきりしない思いつきで注文」してしまうこととはが異なります。

 

トレード回数を積むというのは、自分で「ここはいける」と直感した機会を得られた状態での注文回数を増やすという意味です。

 

ただ、絶え間なく売り買いを積み重ねるのとは明確に違う。

 

相場の勝負に勝利するためには己で考えて緩急をつけることが大事だ。

 

「ここだ!」と考えた相場の時には、保持ポジションを積み増して意識して儲けを追求します。

 

「だいぶ悩ましい為替相場で、どうなるかわからないな」と思ったならば諦めて所有ポジションをすべてクローズして黙っています。

 

これくらいの緩急をつけた方がトレードは勝てます。

 

為替相場の金言には「休むも相場」というものがある。

 

文字通り言葉どおりだと感じます。

 

外国為替相場とは常時ポジションを保持する事が肝心な事ではなく、ポジションを持たないでじっとしていることもまた相場です。

 

そうであるならば、どういう場面で、休むべきなのでしょうか。

 

最初に考えられるのが、先に述べたように、これから先の為替相場が明確に判断できない時です。

 

これから高くなるのか安くなるのか見通せない時は分からないまま行動すると、自身の作った台本とは違った方向に相場が変化してしまい損をする事になります。

 

だから、そんな場合はポジションを0にして何もせずに静観を決め込むのが良い方法です。

 

2番目に、自身の体調がすぐれない時。

 

体の状態とマーケットに関係性はないと考える方もいますが現実には案外関係あります。

 

体の調子がすぐれなければ、外国為替相場のミスできない局面で正しい決断を下すことができない。

 

興味がわかない時は、FXから離れてみるのも必要な事です。

 

ニュース

関連エントリー
ポジショニングが重要テスト